米金融政策、正常化を加速へ 3月利上げ、資産縮小も

米首都ワシントンにあるFRB本部=25日(共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は26日、3月の金融政策を決める会合で事実上のゼロ金利政策を解除し、利上げする意向を示した。量的引き締めといわれるFRB保有資産の縮小にも早期に取り組む方針を表明した。新型コロナウイルス感染拡大に対応した有事の対応から、金融政策の正常化を加速させる。

 ただFRB政策発表を受けた金融市場はコロナ禍から回復した景気が再び悪化しかねないと受け止めている。27日の東京株式市場の日経平均株価は前日比841円安の2万6170円で取引を終え、投資家らに打撃を与えた。


  • LINEで送る