ドイツの大学で発砲、1人死亡 18歳容疑者自殺、3人負傷

24日、ドイツ・ハイデルベルク大で現場周辺を調べる警察官(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ警察やメディアによると、同国西部ハイデルベルク大の講堂で24日午後0時半(日本時間同8時半)ごろ、男子学生(18)が銃を発砲し、女子学生(23)が搬送先の病院で死亡、他の3人も軽傷を負った。男子学生は発砲後、講堂の外で自殺。ソーシャルメディアに「人々を罰したい」と書き込んでいた。警察は動機の特定には時間が必要だとしている。

 ハイデルベルク大は1386年に設立されたドイツ最古の大学で、ノーベル賞受賞者を複数輩出してきた。

 警察によると、男子学生は銃の所持許可を持っていなかった。過去に精神的な病気を患った可能性があるという。


  • LINEで送る