「内密出産」希望の女性を保護 熊本・慈恵病院、市に対応要望

内密出産を導入した慈恵病院=熊本市

 匿名でも出産できる事実上の「内密出産制度」を導入した熊本市の慈恵病院は28日、「誰にも知られず出産したい」と訴える女性を保護していると明かし、市に早急な対応を求める要望書を提出した。市は昨年8月「国に照会した結果、法令に抵触する可能性の否定は困難」との見解を表明し、病院に実施を控えるよう伝えている。

 要望書によると、女性は出産間近で、病院側が情報開示の説得をしているが、同意を得られていない。「母子の安全を優先し、匿名での出産を受け入れざるを得ないかもしれない」として、11月10日までの回答を市に求めた。

 これまでも内密出産の希望者はいたが、実施例はない。


  • LINEで送る