事前合宿に7353人参加 東京五輪、214自治体

 東京五輪・パラリンピックの海外選手らと地域住民が交流するホストタウンの関係府省庁連絡会議は28日、オンラインで開かれ、五輪の事前合宿に105カ国・地域の選手団7353人が参加したことが報告された。新型コロナウイルス禍で取りやめが相次いだが、最終的に214自治体が受け入れた。パラの事前合宿では52カ国・地域の選手団1735人が71自治体を訪れた。

 事後交流では、五輪で22自治体に16カ国・地域の191人、パラでは13自治体に6カ国・地域の33人が参加した。


  • LINEで送る