覆面市議が提訴取り下げ、大分 写真掲載可「大きな成果」

訴訟取り下げについて記者会見する大分市議のスカルリーパー・エイジ氏=27日午前、大分市

 覆面レスラーの大分市議スカルリーパー・エイジ氏(52)が27日、覆面姿での市議会サイトや広報誌への顔写真掲載、議場での覆面着用を市に求めた訴訟を取り下げる手続きをした。市議会が写真掲載を認めたことが理由で、エイジ氏は記者会見で「求めていた以上の大きな成果を得られたと判断した」と説明した。

 一方、覆面姿で議場や委員会室に入ることは認められておらず「少数者の人権を尊重するべき議会の姿勢として、大きな問題を残している」と指摘。改善を求め続ける考えを示した。

 市議会が22日、従来の方針を転換し、写真掲載を認めることを決定した。


  • LINEで送る