世界の債務残高、3京円超に 過去最大、GDP比は減少

 【ワシントン共同】民間部門も含めた世界の債務残高が2021年4〜6月期に296兆ドル(約3京2千兆円)に達し、過去最大を更新した。京は兆の1万倍。世界の主要金融機関が加盟する国際金融協会(IIF)が14日、発表した。一方、新型コロナのワクチン普及による経済の持ち直しで、国内総生産(GDP)比では感染流行後初めて減少した。

 コロナの感染拡大防止や経済対策で各国は財政出動を余儀なくされている。債務は急激に拡大しており、10月に予定されている20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でも議題となる見通し。

 日本は30兆ドルで、1〜3月期から1兆ドル以上減少した。


  • LINEで送る