ベラルーシ五輪選手が出国 亡命希望、ポーランド向け

東京五輪陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手=4日午前、成田空港

 陸上女子ベラルーシ代表として東京五輪に出場し、チーム側による強制帰国を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日、亡命受け入れを表明し人道的査証(ビザ)を発給したポーランドに向け成田空港を出発した。経由地となるウィーンに同日到着した。政治的な亡命は否定しているが、強権的なルカシェンコ政権の圧力が背景にあるとみられている。

 フランスのメディアによると、オーストリア当局者は4日、同選手が「今夜ワルシャワに向かう予定だ」と述べた。(共同)


  • LINEで送る