「クイック・ジャパン」次号休止 小山田氏の問題で編集見直し

 東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を辞任したミュージシャン小山田圭吾氏が過去のいじめ行為を雑誌で語っていた問題で、記事を掲載した「クイック・ジャパン」を発行する太田出版は4日、編集体制を見直すため8月に予定していた次号発売を休止すると公式サイトで発表した。

 問題の記事について「差別を助長し被害者の方をはじめ多くの方を傷つけた」とする謝罪文をサイトに掲載。編集部のチェック機能を強化し、差別問題に対する部員の理解を深めていくとした。

 小山田氏がいじめ行為を語った記事が掲載されたのは1995年8月発行の同誌。


  • LINEで送る