入江、日本女子初の金メダル ボクシング・3日

女子フェザー級決勝 1回、フィリピン選手(右)を攻める入江聖奈=両国国技館

 ボクシング女子フェザー級決勝で入江聖奈が2019年世界選手権覇者のペテシオ(フィリピン)に5―0で判定勝ちし、日本女子初出場で金メダルを獲得した。日本勢の優勝は1964年東京五輪バンタム級の桜井孝雄、2012年ロンドン五輪ミドル級の村田諒太に続き3人目。

 男子フライ級準々決勝で田中亮明が、16年リオデジャネイロ五輪ライトフライ級銀メダルのマルティネスリバス(コロンビア)に4―1で判定勝ちし、5日の準決勝に進んだ。3位決定戦がないため、メダルが確定した。

 日本勢の男子フライ級のメダル獲得は1960年ローマ五輪銅メダルの田辺清以来。今大会では男女合わせて3個目のメダルとなり五輪の日本ボクシング最多となった。

 入江聖奈の話 何も覚えていない。気がついたら着替えていた。何も覚えていない。今も夢の中にいるみたい。自分に言い聞かせたい。実感が湧かなくて、金メダルを何回も見たい。13年間を出せるように頑張った。まず両親に報告したい。


  • LINEで送る