太田雄貴氏を理事登用 日本ハンドボールリーグ

日本フェンシング協会の太田雄貴会長

 日本ハンドボールリーグは24日、新体制を発表し、日本フェンシング協会の太田雄貴会長(35)ら10人が理事に名を連ねた。6月下旬に開催予定の定時社員総会を経て正式に就任する。

 太田氏は2008年北京、12年ロンドン五輪のフェンシング銀メダリスト。同リーグは意思決定の迅速化などを目的に、4月1日から一般社団法人としての運営がスタートした。代表理事にはバスケットボール男子のBリーグで初代事務局長を務めた葦原一正氏が就任している。


  • LINEで送る