医療法改正案きょう成立へ 政府、少子高齢化に対応

病院再編を巡る経過

 与野党は20日の参院議院運営委員会理事会で、21日の本会議で医療法などの改正案を採決する日程に合意した。与党などの賛成多数で可決、成立する見通し。改正案には、病院再編による病床削減を後押しする内容が盛り込まれた。少子高齢化や新興感染症に対応する狙いだ。ただ、新型コロナウイルス感染拡大で、医療体制は逼迫。再編が非常時の病床不足を招くとの懸念が根強い。

 改正案は20日の参院厚生労働委員会で可決された。

 改正案は、病床を減らした医療機関に対し、患者を受け入れられないことに伴う減収を一時的に補填する補助金の交付制度をつくる。


  • LINEで送る