岡山でも公道リレー中止へ 県全域、組織委と調整急ぐ

 岡山県は10日、新型コロナウイルス感染状況の悪化を受け、県内で19、20日に予定されている東京五輪の聖火リレーについて、公道での走行を県全域で中止する方針を固めた。県は、大会組織委員会や関係市町などとの調整を急ぐ。全県でランナーが走らないことが正式決定すれば、福岡県に続き2例目。

 岡山県の伊原木隆太知事は10日午前、県庁で記者団の取材に対し「岡山市や倉敷市で公道のリレー実施はほぼない」と指摘。さらに「それ以外の市町でも難しいと考えている」と述べた。

 岡山県での聖火リレーは県内12市町を巡る予定。岡山市と倉敷市は「公道での走行は困難」と県側に伝達している。


  • LINEで送る