40年超の原発再稼働、同意へ 福井県議会容認、知事近く判断

運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基の再稼働を前提に、原子力政策の明確化などを国に求める意見書案を可決した福井県議会の臨時議会=23日午後、福井市

 福井県議会は23日の臨時議会で、運転開始から40年を超えた関西電力の美浜原発3号機(同県美浜町)と高浜原発1、2号機(同県高浜町)の再稼働を前提に、原子力政策の明確化などを国に求める意見書案を賛成多数で可決した。議会として容認した形。両町は既に同意しており、杉本達治知事は閉会後、報道陣に「確認すべき内容は煮詰まってきた」と発言。同意の方向で月内にも最終判断する見通しだ。

 再稼働すれば、東京電力福島第1原発事故後にできた「原則40年、最長で延長20年」のルール下で初となる。ただ長期運転の安全性への懸念は根強く、知事には丁寧な説明が求められそうだ。


  • LINEで送る