総会声明、会長「強い思い発出」 学術会議会員の任命巡る問題で

総会を終えオンラインで記者会見する日本学術会議の梶田隆章会長=22日午後

 日本学術会議の梶田隆章会長は22日、記者会見し、菅義偉首相が拒否した会員候補6人を「即時に任命するよう要求する」とした総会の声明について「強い調子でわれわれの思いを発出した」と述べた。昨年10月の問題判明以降、6人の任命など解決を政府に訴えたが「残念ながら思いは届いていない」とも語った。

 一方、加藤勝信官房長官は記者会見で「任命権者の菅首相が最終判断した」と要求を拒否する考えを改めて示した。

 梶田氏は、政府が求める会議の在り方の見直しに関しては、議論は必要としつつ「新型コロナウイルス対応をはじめ他の審議が滞っている」と活動に影響が生じていると指摘した。


  • LINEで送る