ワクチン記録の登録実演公開 接種状況管理、新システム

タブレット端末に表示された新型コロナウイルスのワクチン接種記録を管理するシステム=6日午後、東京都千代田区(代表撮影)

 政府は6日、新型コロナのワクチン接種記録を一元管理システムに登録する手順を報道陣に公開した。河野太郎行政改革担当相が自治体職員役に、政府職員が住民役や医師役になり、接種会場の様子を模擬実演。住民役から受け取った接種券の情報を河野氏がタブレット端末のカメラで読み取ると、数秒で氏名や接種日、ワクチンの種類などが登録された。

 河野氏は「思った以上に入力は早かった。端末画面のボタンを押すだけなので(操作方法を)間違えようがない」と述べた。

 システムは、マイナンバーと接種記録を連携させて国が一元管理することで、全国の接種状況をほぼリアルタイムで把握できるのが特徴。


  • LINEで送る