伊コロナ死者、10万人超 世界6番目、変異株増加

ドラギ首相=2021年2月(ロイター=共同)

 【ローマ共同】イタリア政府は8日、同国の新型コロナウイルスの死者が10万103人に達したと発表した。米国、ブラジル、メキシコ、インド、英国に次ぐ世界6番目の多さとなっている。イタリアは、新規感染者のうち英国を由来とする変異株の感染者の割合が増え警戒を強めている。

 ドラギ首相はビデオ声明で、イタリアで初めて新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)が実施された1年前には「想像もできなかった」死者数だと指摘。ワクチン接種を進め、一刻も早く日常に戻るため「あらゆる手段で国民の命を守る」と強調した。

 イタリアでは依然として連日数百人が死亡。


  • LINEで送る