三笠宮妃百合子さまが退院 心房細動で入院、症状回復

 宮内庁は4日、発作性心房細動と診断を受け、東京都中央区の聖路加国際病院に1日から入院していた皇室最高齢の三笠宮妃百合子さま(97)が退院されたと発表した。

 宮内庁によると、顔色もよく、食欲もあるという。入院は1週間程度の予定だったが、入院してまもなく症状が治まり、再発の兆候もないことから4日午前に退院になった。

 百合子さまは1日午前に測った脈が通常より速かったため同日に受診。心臓に持病があることから大事を取って入院していた。


  • LINEで送る