全国の千自治体で災害区域に特養 大震災以降も移転進まず

 津波・洪水の浸水想定区域や土砂災害警戒区域に、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設が立地している自治体は、約千市区町村に上ることが13日、共同通信のアンケートで分かった。このうち東日本大震災以降、防災のために移転した施設がないとした自治体は約95%。介護施設で暮らす高齢者の被災が相次ぐが、立地面での安全対策がなかなか進まない実態が浮き彫りとなった。

 調査は昨年10〜12月に実施。特養や介護老人保健施設(老健)など介護保険施設について尋ね、全国の1469市区町村から回答を得た。


  • LINEで送る