シリング氏の要求拒否を求める 米国野球殿堂の選考で記者協会

 【ニューヨーク共同】全米野球記者協会は27日、殿堂の記者投票で落選した元大リーグ投手のカート・シリング氏が来年の候補から外すよう要求したことに対し、米国野球殿堂に拒否することを求める声明を発表した。

 同協会は米国野球殿堂に委託され、1936年の選出から記者投票を行ってきた。声明の中でシリング氏の要求は殿堂の規則に反すると主張。定められた資格を満たしており、最終10年目となる2022年の候補に残るべきだとした。

 レッドソックスなどで通算216勝を挙げたシリング氏は26日に発表された投票結果で最高の得票率71・1%だったが、当選条件の75%に届かなかった。


  • LINEで送る