近大・佐藤は阪神が交渉権 ドラフト、早大・早川は楽天へ

楽天から1位指名を受け、記者会見する早稲田大の早川隆久投手=26日夜、東京都西東京市

 プロ野球のドラフト会議は26日、東京都内のホテルで行われ、関西学生リーグで通算最多となる14本塁打を放った近畿大の佐藤輝明内野手は阪神が、最速155キロの左腕で早稲田大の早川隆久投手は楽天が交渉権を獲得した。ともに1位指名で4球団が競合し、抽選となった。

 佐藤にはオリックス、阪神、ソフトバンク、巨人が、早川にはヤクルト、楽天、西武、ロッテが競合した。米大リーグで活躍し、今季途中から独立リーグのルートインBCリーグ埼玉でプレーした田沢純一投手は育成ドラフトを含めて指名されなかった。

 今年は新型コロナで開幕が遅れた影響でレギュラーシーズン中に開催された。


  • LINEで送る