神戸市が副業人材40人募集 リモートでPR担当

 神戸市は24日、PR動画制作などの広報業務を、リモートワークで副業として請け負う外部人材約40人を募集すると発表した。副業人材は新型コロナウイルス流行で在宅勤務が浸透する中、ヤフー(東京)やダイハツ工業(大阪)など民間企業が相次いで募集を開始。市によると、自治体が募集するのは全国で初とみられる。

 業務は動画の制作・編集や市が運営する会員制交流サイト(SNS)のアカウントから投稿する記事の執筆、市のホームページを点検して改善点を指摘するなどの4種類。月に数時間の業務で、報酬は月1万〜10万円程度を想定している。


  • LINEで送る