名古屋強盗「コロナで閉店」 24歳男供述、生活苦で犯行か

強盗事件があった郵便局=8月17日、名古屋市中区

 名古屋市中区の郵便局で現金221万円が奪われるなどした強盗致傷事件で逮捕、送検された住所不定、無職吉原悠佑容疑者(24)が「(事件直前)住み込みで働いていた店が新型コロナウイルスの影響で閉店した」と供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警は生活苦から事件に及んだとみている。

 吉原容疑者は17日、強盗致傷罪などで起訴される見通し。

 捜査関係者などによると、吉原容疑者は三重県四日市市の建設会社を辞めて、名古屋市内の飲食店で住み込みで働くようになったが、直後に閉店したとみられる。周囲には「(飲食店の)店長をする」と話していたという。


  • LINEで送る