偽シャネルマスク所持疑いで逮捕 コロナに便乗か、愛知県警

押収されたシャネルの偽のマスク=16日午後、愛知県警一宮署

 高級ブランド「シャネル」の偽のマスクを販売目的で所持したとして、愛知県警一宮署などは16日、商標法違反(商標権侵害)の疑いで、同県豊田市西中山町、美容サロン経営山内綾容疑者(39)を現行犯逮捕した。同署によると、「生活のためにやった。コロナでマスクが売れると思った」と容疑を認めている。

 偽のマスクはフリーマーケットサイトに2999円で出品していたという。山内容疑者の経営するサロンからはミシンや無地のマスクのほか、シャネルに類似したロゴの転写シールも押収。同署は山内容疑者が5月ごろからマスクを自作し、サイトで販売していたとみて詳しい経緯を調べている。


  • LINEで送る