英GDP、20・4%減 4〜6月期、過去最悪

3月、新型コロナウイルスの感染拡大で、人通りが絶えたロンドンの街(AP=共同)

 【ロンドン共同】英統計局が12日発表した2020年4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比20・4%減となり、記録のある1955年以降で最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルス感染症の拡大防止策導入により、経済活動が抑制された。

 20年1〜3月期から2四半期連続のマイナス成長となり、英国は景気後退局面に入った。企業などの活動は引き続き停滞。新型コロナ流行の収束が見通せない中、厳しい状況が続きそうだ。


  • LINEで送る