日本医師会「我慢のお盆休みを」 必要なら特措法改正も

 日本医師会(日医)の中川俊男会長は5日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大を巡り「我慢のお盆休みとしてほしい。3密を避け、帰省先の医療提供体制を確認した上で行動してもらいたい」と呼び掛けた。休業要請などに関する都道府県知事の権限強化に向け、必要であれば新型コロナ特別措置法を改正すべきだとの認識も示した。

 中川氏は現行法で対応しきれない場合「特別措置法改正による法整備を行うことも必要だ」と語った。

 日医は併せて、医師が必要と判断した患者にPCR検査を確実に行えるよう提言をまとめた。


  • LINEで送る