大谷翔平、二刀流の今季へ抱負 「最初から飛ばしていきたい」

練習中にバットを振るエンゼルスの大谷翔平=4日、米カリフォルニア州アナハイム(AP=共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで4日、新型コロナウイルスの感染拡大で3月中旬にキャンプが中断してから初めて取材に応じ、一昨年の右肘手術を経て投打の「二刀流」で臨む今季に向けて「最初から最後まで全力でしっかり飛ばしていきたい」と抱負を口にした。

 練習ではフリー打撃で24スイング中4本の柵越えを放つなどした。新型コロナ禍で開幕を迎えることには「何が正解なのかはよく分かっていない。できる事をやるしかない」と語った。


  • LINEで送る