東京都、軽症者にホテル確保へ 新型コロナ、借り上げ交渉

 東京都が新型コロナウイルス感染者の病床確保に向け、軽症者用としてホテルを借り上げ、滞在施設とする方針を決めたことが3日、関係者への取材で分かった。厚生労働省と連携し、複数のホテルと交渉している。

 都によると、2日時点の都内感染者計684人のうち、死者や既に退院した人を除き、入院患者は628人。都が新型コロナ対応で用意している病床は約700で満床が近い。入院すると退院まで2週間以上かかり、ベッドが空かない一方で新たな患者が次々と運び込まれる状況となり、受け入れ態勢の整備が急務となっている。


  • LINEで送る