ポルトガル、全空港閉鎖へ イースター休暇の5日間

リスボンの空港に駐機する旅客機(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】ポルトガル政府は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、キリスト教の復活祭(イースター)休暇期間となる9〜13日に全空港を原則閉鎖して商業便の運航を認めない方針を発表した。

 物資の輸送便や、外国滞在中の国民がポルトガルに帰還するためのチャーター機など、一部の空港利用は例外的に認める。休暇中は国内旅行も控えてもらうため、仕事上の理由を除き、居住する自治体から出ることも禁止する。

 同国では2日時点で約9千人の感染が確認され、209人が死亡。政府は先月18日に宣言した非常事態をさらに15日間延長する方針を提案し、議会が2日に承認した。


  • LINEで送る