都、学校の休校延長を検討 コロナ急増、慎重に対応

 東京都が新型コロナウイルス感染者の急増を踏まえ、新学期から再開予定だった都立学校の休校を延長する方向で検討していることが31日、関係者への取材で分かった。都内では感染者の増加傾向に歯止めがかかっておらず、学校の再開にも慎重に対応する必要があると判断したもようだ。

 都教育委員会は26日、新学期から学校を再開する準備を進めているとの方針を保護者向けに示し、再開後は混雑を避けた時差通学や検温、換気などの取り組みを進めることにしていた。

 だが、都内では3月下旬になって感染者が急増しており、学校の再開についても時期を改めて検討することにした。


  • LINEで送る