新任検事65人に辞令交付 森法相「広い視野と高い識見を」

新任検事に訓示する森法相=16日、法務省

 司法修習を終えた新任検事65人が16日、東京・霞が関の法務省で森雅子法相から辞令を受け取った。任官は12日付。女性は28人で全体の43・1%を占めた。平均年齢は27・2歳で、最年長は38歳、最年少は24歳だった。

 森氏は「被害者の権利利益の擁護、再犯防止、ますます重要となる国際貢献など、幅広い分野に関心を持ち、広い視野と高い識見を養ってほしい」と訓示した。

 法務省によると、出身法科大学院は、京大が10人で最多。慶応大9人、東大8人、一橋大7人と続いた。法科大学院を修了しなくても司法試験の受験資格が得られる予備試験の通過者は10人だった。


  • LINEで送る