成田山新勝寺すす払いで迎春準備 お堂清める

成田山新勝寺で行われた年末恒例の「すす払い」=13日早朝、千葉県成田市

 千葉県成田市の成田山新勝寺で13日、初詣客を迎えるため江戸時代から続くとされる年末恒例の「すす払い」があり、作務衣にマスク姿の僧侶や職員がお堂や仏像にたまった1年間のほこりを落とし、清めた。

 午前5時半ごろから作業を始め、本尊の不動明王や四大明王の像をはけで払い、仏具は布で磨きをかけた。空が白みかける頃には、長さ約10メートルの「ササ竹」を持った11人が横一列になり、本堂軒下の汚れを一斉に落とした。

 新勝寺は正月三が日に約300万人の初詣客を見込む。僧侶の鈴木照乗本堂課長(55)は「令和初めての正月。きれいな気持ちで新年を迎えてもらいたい」と話した。


  • LINEで送る