中央大、9日午前に爆破予告 後楽園キャンパス講義休講

 中央大(東京都八王子市)は8日、後楽園キャンパス(文京区)を9日午前に爆破するとの予告があったと発表した。8日夜からキャンパスの立ち入りを禁止し、9日午前9時〜午後0時半の講義を休講にした。警視庁が爆発物の有無を確認するとともに、威力業務妨害容疑で捜査している。

 警視庁富坂署によると、キャンパスから約600メートル離れた路上で7日夕「9日10時に爆破する」と書かれたA4サイズの紙数百枚が散乱しているのが見つかったという。

 後楽園キャンパスには、理工学部や大学院の理工学研究科などがある。


  • LINEで送る