大阪万博、数週間前倒しか 政府、連休ずらし検討

2025年万博会場予定地の人工島・夢洲(手前)=大阪市

 政府が2025年大阪・関西万博の開催期間について、現在予定している「5月3日〜11月3日」から数週間前倒しする方向で検討を進めていることが16日、分かった。大型連休と開幕が重ならないように日程を変え、周辺の混雑や混乱を回避する目的とみられる。関係者が明らかにした。

 経済産業省は、与党や大阪府などとの調整を今後進める。

 大阪・関西万博は大阪市の人工島・夢洲で開催される。期間中に2800万人の来場を見込んでいる。


  • LINEで送る