SNSで処分の岡口裁判官が投稿 「高裁が遺族洗脳」と

 ツイッターで事件の遺族への配慮を欠いた投稿をしたとして、昨年3月に東京高裁から厳重注意処分を受けた仙台高裁の岡口基一裁判官(53)が今月、フェイスブックに「遺族は俺を非難するよう東京高裁事務局に洗脳された」と投稿していたことが15日、分かった。遺族は「あきれて何も言えない」と反発を強めている。

 岡口氏は既に投稿を削除。その後、フェイスブックに「使うべき表現ではなく、撤回して深くおわび申し上げる」と投稿した。代理人の弁護士は「コメントはない」としている。仙台高裁総務課は「事実関係を調査中で、今後の対応も検討中だ」とした。


  • LINEで送る