アニメ映画の声優に初挑戦 新田真剣佑と永野芽郁

アニメ映画「二ノ国」で声優を務める新田真剣佑(左)と永野芽郁

 現実と魔法の二つの世界を舞台にしたアニメ映画「二ノ国」(23日公開)で、アニメ声優に初挑戦した俳優の新田真剣佑と永野芽郁。新田は「子どもの頃にイメージした夢、魔法の世界。台本を読んで絵を見たくてわくわくした」、永野は「自分がそこに行ったらどうなるだろうという興味が一瞬で湧く」と作品の魅力をそれぞれ語る。

 新田が声を演じるのは、主人公ユウ(山崎賢人)の親友ハル。永野はハルの現実世界での恋人コトナと、二ノ国の姫でコトナとそっくりなアーシャの2役を務める。高校生のユウとハルはある事件をきっかけに二つの世界を行き来し、コトナとアーシャ姫の命を巡って究極の選択を突き付けられる。

 ハルについて、新田は「とにかく真っすぐな、愛する人のためなら自分も犠牲にして守り抜く男」と表現。2役を演じ分けた永野は「普段も学生役が多く、コトナの方がやりやすいかと思っていたが、アーシャ姫の方が声質が向いていると言われた」と明かす。

 映画は人気ゲームを基にし、スタジオジブリ出身の百瀬義行が監督。新田、永野はともにジブリアニメの大ファンだそうで、今回の出演に新田は「すごくうれしかった」と笑みが絶えない。

 二ノ国にもう1人の自分がいたら? 永野が「洋服がすごく好きなので、二ノ国では洋服を作っているかも」と思いを巡らせると、新田は「クレープ屋とタピオカ屋。甘い物が大好きなんです」。


  • LINEで送る