閣僚、吉本興業に注文や苦言 「すっきりしない」の声も

  • LINEで送る

 吉本興業に所属するお笑い芸人の「闇営業」問題を巡り23日、安倍内閣の閣僚から企業統治の徹底などの注文や苦言が相次いだ。バラエティー番組などで芸人らと多く共演した片山さつき地方創生担当相は、岡本昭彦社長の22日の記者会見に関して「一国民としては、すっきりしない」との感想を漏らした。

 クールジャパン戦略を担当する平井卓也科学技術担当相は「法令順守の徹底や、きちんとした説明責任を期待せざるを得ない」と求めた。柴山昌彦文部科学相は「組織のガバナンス(統治)が極めて重要になる」と指摘した。