れいわの交付金6700万円 試算、自民首位176億円

  • LINEで送る

 共同通信社は23日、参院選の結果を受けて、2019年分の政党交付金の配分額を試算した。首位は自民党の176億6700万円。議席減に伴って1月1日時点の算定額より2億2700万円減少した。新たに政党要件を満たした「れいわ新選組」は6700万円、「NHKから国民を守る党」は5900万円だった。

 政党交付金は政党助成法上の要件を満たした政党に対する助成制度で、1月1日時点の国会議員数と衆参選挙での得票数に基づいて算定した額が、年4回に分けて交付される。途中で国政選挙があれば再算定する。