那覇空港で着陸やり直し 重大インシデント認定

  • LINEで送る

 那覇空港で21日午後1時15分ごろ、ソウル行きのアシアナ航空171便エアバスA321が、管制官の指示に反して滑走路に入り、着陸しようとしていた久米島発の日本トランスオーシャン航空212便ボーイング737がやり直すトラブルがあったことが分かった。国土交通省は22日、重大インシデントに認定。運輸安全委員会が航空事故調査官3人を派遣する。

 アシアナ機は乗客乗員155人、トランスオーシャン機は59人がいたが、けが人はいなかった。

 国交省によると、アシアナ機は滑走路の手前で待機するよう指示されていた。トランスオーシャン機は約20分後に着陸した。