JDI融資枠の期限を延長 主力3行、12月30日まで

  • LINEで送る

 経営再建中の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)の資金繰りを支えるため、みずほ銀行と三井住友銀行、三井住友信託銀行の主力3行が融資枠の期限を延長することが19日、分かった。契約更新により、8月7日の期限を12月30日まで延ばす。JDIの筆頭株主で政府系ファンドのINCJ(旧産業革新機構)が返済を保証する。

 JDIは業績不振が続き、自己資本比率は今年3月末時点で0・9%と債務超過寸前の状態に陥った。期限の延長がなければ、8月7日までに融資を受けた額を返済する必要があったため、金融機関が財務面を支える姿勢を示した形だ。