日本大使館前で放火の男死亡 ソウル、「日本に反感」

  • LINEで送る

 【ソウル共同】ソウルの日本大使館が入居するビルの入り口で19日未明、70代の男が運転してきた車に火を付けた事件で、全身にやけどを負って搬送された男が同日、死亡した。男は事件前「日本への反感から火を付ける」と知人に話していたという。聯合ニュースなどが報じた。

 YTNテレビによると、車内からはガソリン計約40リットルやライター、ガスのカセットボンベ約20本が見つかった。車は知人から借りていた。

 遺書は見つかっておらず、警察などが詳しい動機を調べている。ビル周辺の警戒態勢も強化した。