内閣改造、9月半ば検討 臨時国会8月1日召集へ

  • LINEで送る

街頭演説する自民党総裁の安倍首相=17日午後、宮城県石巻市

 安倍晋三首相(自民党総裁)は内閣改造・党役員人事を9月半ばに実施する方向で検討に入った。政府、与党は参院選後の臨時国会を8月1日召集とする日程で調整。参院の新しい正副議長を選出する。5月の皇位継承後、天皇陛下が初めて国会の開会式に出席される。自民党は参院選で第1党を確保すると判断し、新議長人事の検討に着手した。複数の政権幹部が18日、明らかにした。

 秋に改めて開く臨時国会の召集は10月上旬の見通しが強まり、政権内では人事を9月9日の週に行った上で、国会の本格論戦に備えるスケジュールが有力となっている。