是枝監督新作がベネチア開幕作品 「真実」、コンペ部門にも

  • LINEで送る

是枝裕和監督

 世界三大映画祭の一つで、8月28日に開幕する第76回ベネチア国際映画祭の開幕作品に、是枝裕和監督の新作「真実」が決まったと、映画祭事務局が18日発表した。同作は最高賞「金獅子賞」を競うコンペティション部門にも選ばれた。

 「真実」は、国民的大女優とその娘の関係が中心のドラマで、全編フランスで撮影された。カトリーヌ・ドヌーブさんが大女優役で主演し、ジュリエット・ビノシュさんやイーサン・ホークさんらが出演している。日本では10月11日に公開。

 是枝監督は「大変光栄です」などのコメントを発表した。