戦没者遺骨、国内持ち帰りを了承 見直し案検討の厚労省有識者会議

  • LINEで送る

 太平洋戦争で亡くなった戦没者遺骨の収集事業の在り方を検討している厚生労働省の有識者会議は18日、現地で荼毘に付している従来の方法を改め、原則として国内に持ち帰るとする見直し案をほぼ了承した。国内で遺骨からDNAを抽出し、その情報をデータベースに登録し、鑑定に備える。7月末にも会議を開き、この方針を盛り込んだ中間報告をまとめる。

 見直し案では、現状の歯と四肢骨に加え、検体となるDNAが保存されていることが期待される頭蓋骨も集め、国内に持ち帰る。