鶴竜12連勝、単独首位守る 1敗白鵬、2敗は照強だけ

  • LINEで送る

鶴竜が裾払いで千代大龍を下す=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所12日目(18日・ドルフィンズアリーナ)横綱鶴竜は平幕の千代大龍を鮮やかな裾払いで下し、初日から無傷の12連勝として単独首位を守った。

 横綱白鵬は両上手を引いて関脇御嶽海を寄り切り、ただ一人の1敗を維持した。御嶽海は5敗目。平幕の友風は逸ノ城に寄り切られて3敗に後退した。

 勝ちっ放しの鶴竜を1敗で白鵬が追い、2敗は平幕照強だけとなった。十両は剣翔が2敗をキープし、単独トップを守った。