高校野球、智弁和歌山が初戦突破 地方大会、春の選抜8強

  • LINEで送る

 第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は17日、37大会で試合が行われ、今春の選抜大会8強の智弁和歌山が初戦の2回戦に快勝した。

 広陵(広島)は3回戦に進出。横浜(神奈川)は初戦の2回戦に大勝した。南北海道大会の1回戦では、昨秋の明治神宮大会を制し、今春の選抜大会に出場した札幌大谷が駒大苫小牧に敗れた。

 昨夏の甲子園大会8強の報徳学園(兵庫)や二松学舎大付(東東京)は、ともに3回戦で敗退した。