大株主もアスクル社長再任反対 事務機器のプラス、ヤフー側に

  • LINEで送る

アスクル本社が入るビル=2017年、東京都江東区

 通販大手アスクルの大株主で事務機器販売のプラス(東京)は17日、アスクルの岩田彰一郎社長の取締役再任に反対するヤフーの考えに賛同すると発表した。プラスはヤフーに次ぐ第2位の株主で、両社の議決権の合計は昨年11月20日時点で約57%。社長再任を目指すアスクルは窮地に追い込まれそうだ。

 アスクルはプラスの事業として始まり、岩田社長もプラス出身。アスクルは2009年にプラスの子会社から外れた。12年にヤフーと資本・業務提携を結び、ヤフーが筆頭株主になった。

 プラスは文書で「株主としてアスクルの企業価値向上の取り組みに協力していく」とした。