高安が休場、4大関が全員不在に 昭和以降初の異常事態

  • LINEで送る

高安

 大相撲の西大関高安(29)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が名古屋場所11日目の17日、休場した。8日目(14日)の関脇玉鷲戦で左肘付近を負傷していた。これで4大関全員が不在の異常事態に陥った。日本相撲協会広報部によると、4大関以上が不在となるのは昭和以降初めて。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「相撲で力が出ない状況だった。次の場所に間に合うように治療をさせたい。名古屋のファンの方々のことを考えると本当に申し訳ない」と話した。

 今場所の大関陣はかど番の貴景勝が初日から休み、不振の栃ノ心、豪栄道は途中休場した。