女子刑務官らが護身術を披露 東京・昭島の矯正研修所

  • LINEで送る

術科査閲式で矯正護身術を発表する女子刑務官と職員=16日午後、東京都昭島市の矯正研修所

 東京都昭島市の矯正研修所で16日、刑務官たちが日頃の訓練の成果を幹部らの前で発表する術科査閲式が開かれた。全国の刑務所や拘置所で採用された勤続1年未満の女子刑務官52人と、少年院や少年鑑別所に採用された職員59人が護身術などを披露した。

 式では、自分と相手の双方がけがをしないようにしつつ、相手を取り押さえる矯正護身術を発表したほか、消防訓練を実施。施設内で起きた暴動の制圧を想定した特別警備活動訓練も行い、刑務官らは盾を持って隊列を組むなどしていた。刑務官の研修では、これらの訓練科目を必ず受講することになっている。