北朝鮮、米韓演習に反発 核実験中止の見直しを示唆

  • LINEで送る

2017年9月、韓国・浦項で実施された米韓合同軍事演習(聯合=共同)

 【北京共同】北朝鮮外務省報道官は16日、米韓が8月に計画している合同軍事演習を巡り、北朝鮮を標的にしたものであり、米朝首脳の合意に反すると非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 米側が演習中止の約束を守らないなら、核実験・大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験中止の見直しもあり得ると示唆し、米韓を強くけん制した。

 報道官は、トランプ米大統領が6月30日に板門店で開かれた金正恩朝鮮労働党委員長との会談でも、米韓合同軍事演習の中止を約束したと主張した。