浅草に手塚キャラ専門店オープン アトム堂本舗

  • LINEで送る

3階の多目的スペースに展示されている手塚治虫作品の資料や複製原画=東京都台東区

 漫画家手塚治虫の作品のキャラクターをモチーフにした伝統工芸品やAIロボットなどを販売する「アトム堂本舗」が東京都台東区の浅草西参道商店街にオープンした。

 店を監修する手塚プロダクションは「多くの訪日客が集まる浅草で、伝統工芸から最新技術まで、さまざまな日本文化を漫画やアニメと融合させて発信していきたい」としている。

 店内には手塚アニメのテーマ曲が流れ、1階は代表作「鉄腕アトム」のアトムやお茶の水博士らをかたどったこけし、「火の鳥」の柄が入った西陣織のネクタイの他、文房具や雑貨品など300種類以上のグッズが並ぶ。

 まとまってグッズを販売するのは手塚治虫記念館(兵庫県宝塚市)以外にはなく、今後、店のオリジナル商品を増やしていくという。

 2階は畳が敷かれ、お茶席気分も味わえる和風のカフェを設けた。メニューのパンケーキやティラミスにはアトムや「ジャングル大帝」のレオなどが描かれる。

 カフェは公衆無線LAN「Wi―Fi」を整備し、スマホやタブレットを専用のQRコードにかざすと、8カ国語で手塚漫画を無料で読めるサービスも楽しめる。

 3階は資料や複製原画を展示する多目的スペース。代表的な手塚作品を紹介し、手塚の言葉とエピソードを切り口に歩みをたどる。漫画やアニメに関するトークショーやワークショップも開く予定。

 内覧会に出席した長女るみ子さん(55)は「とても和テイストな演出で、浅草らしくていいなと思った。多くの人に足を運んでほしい」と期待を寄せている。